IPOには抽選配分と裁量配分なるものがある~富める者がより富めるというお話~

photoAC

こんにちは、ぴこズムです。

期待していた「旅工房」のIPOの抽選も見事に外れ、そりゃそう簡単に当たらないよな…(+o+)と、自分を落ち着かせている今日この頃です。

旅工房のIPO参加の記事を書き忘れていたのですが、落選記事は別に書こうと思っています。

本日は、IPOの抽選配分以外の方法について考えてみました。

スポンサーリンク

抽選配分、裁量配分とは?

私、ぴこズムは35万円という資金でIPOを始めました。

この少額では、超人気IPOを当てることは、それはそれは難しいわけです。

いや、”超人気”でなくても、当選枚数がべらぼうに多いIPOでなければ、当たることはかなり難しいわけです。

そりゃぁ、1,000万円もあれば、馴染みの証券会社を作って、担当の営業マンをつけてもらって、IPOもインターネット抽選分ではなく、店頭配分(裁量配分)の方に申込んだりできるさ!!

おや?っと思った方。

IPOの配分には、「抽選配分」と「裁量配分」なるものがあるそうです。

抽選配分…私、ぴこズムが試している方法。コンピューターで抽選をして当選を決める。

裁量配分…私、ぴこズムが羨ましいなぁと思っている方法。証券会社の支店様さまの裁量によってIPOを配分する。店頭配分。

ここで、例え話をしましょう

当たりがついていれば、もう一つ貰えるお菓子があるとします。

例えば、ある駄菓子屋さんで100コの当たり付きのお菓子があった場合、

30コは、お店でくじを引いて誰に当たり付きお菓子をあげるか決める(抽選配分)

70コは、駄菓子屋さんのおばちゃんの裁量で、あの子は普段からいい子だから、とかあの子はいつも買ってくれるから当たり付きのお菓子をあげよう、とか、はたまた、あの子の親はいつも文句を言ってくるからあげない、とか。おばちゃん次第(裁量配分)

30コと70コの比率は、駄菓子屋さんによって違って、

・佐藤駄菓子屋…20コのくじ引きと80コのおばちゃん裁量

・後藤駄菓子屋…15コと85コ。

・店舗をもたず、ネットで駄菓子屋さんを経営している須藤駄菓子屋…100コ全てをくじ引きで決める

こんな感じで、違うわけです。

え? 例え話で余計に分からなくなった?笑

スミマセン。。

証券会社によって割合やルールは違う

つまり、抽選配分と裁量配分の割合は、証券会社によって違うということ。

基本的には、裁量配分の方が割り当てが多く、抽選配分の方が少ないようです。

私のイメージだと、「 裁量配分 8 : 抽選配分 2 」という感じです。

そして、さらに言うと、抽選配分にも証券会社によって幾つかのルールが存在します
「たくさん申込んでくれた人には抽選に当たりやすくなる」とか「一人1回、みんな同額しか申込めないよ」というように。

ところで、先ほどの例の須藤駄菓子屋さんは、マネックス証券の例えでした(^^)

マネックス証券では、100%完全平等抽選となっています。しかも、申込みは一人1枚までなので、皆が同じ条件というわけです。バンザイ(^^)/

裁量配分に申込むことはできない?

裁量配分の方が割り当てが多いのなら、抽選配分ではなく、裁量配分の方に申込めばいいじゃない?って思った方。

世の中、そう甘くはないわけで。

普段から多額の資金を証券会社に預けていて、NISAだったり、投資信託だったり、証券会社のしたいような運用を、営業マンと手を取りながら資金運用をされている方だったらいいと思うのですが、

私は、資金35万円という少額を、ときにはSBI証券、ときにはマネックス証券、ときにはSMBC日興証券と、IPO毎に動かしているわけです。

証券会社の方にしてみれば、そのような人にIPOを割り当てるメリットがあまりないわけで…涙

聞いた話によると、証券会社の営業マンは、狙っているお客さんにIPOを持ちかけて、それをフックに他の商品も検討してもらったりするんだとか。

そうか、、そうだよね。

でも、いくら裁量配分の割り当ての方が多いからといって、大手の証券会社は全国に支店があるし、営業マンだってたくさんいるんだから、自分とツーカーな営業マンがいたといしても、IPOを割れ当てられるっていうのはそんなに多くはないんじゃないだろうか。

当選枚数が多いIPOだったら、割り当ててくれるかもしれないけれど、当選枚数が少なければ?

馴染みの証券会社があったとしても、必ずしもIPOゲットというわけにはいかないようですね。

つまるところ、富める者はより富める

今日は何が言いたかったかというと、コレです。

富める者はより富める。

資金がたくさんあれば、いくつかの証券会社の営業マン達に「あのIPO、宜しく!」と声をかけ、ネットでもいくつかの証券会社からお目当てのIPOに申込む。

どこかでは当たりつきIPOを手にすることだろう。

こうやって、お金は、お金持ちに集まることになる。富める者はより富める、かぁ。

いいなぁ…(゜-゜)

はい。IPOが当たらないから、ひがみってやつです笑

資金がない私は、とにかくめげずにコツコツ申込みをしていくこと。それに尽きますね(^^)/

本日のタメニナルカモ?

裁量配分は資金次第ということを書きましたが、あくまで私の考えですので、

もしかしたら、証券会社の支店によっては、初回だけかもしれませんが、IPOを割り当ててくれる可能性もあるかもしれません。

決めつけないで、行動を起こしてみたら、意外といい結果が待っていたりして(^^)

最後までお読みいただき、ありがとうございました♪

スポンサーリンク